新車・新古車の査定額を上げる

高額査定のために必要な車査定とは?

新車や新型車、新古車、未使用車を安く買うならば、有名な大手中古車販売店への希望する車の登録や、オークション代行業者へ車種やボディーに傷あり、なし、走行距離などの目安になる情報を登録することは必須になります。

中古車販売店などでは、希少価値が高い新古車や未使用車を広告などに掲載せず、シークレット(未公開情報)として保持しています。このような車を購入する場合には中古車販売店への購入したい車が登録されていなければ車の販売情報を教えてもらえません。また、オークションへの代行業者への登録も重要です。一般市場にほとんど出てこない旧車や、事情があって手放さなければならなくなった新車や新古車なども多数出品されます。実際我々が中古車の販売広告などで目にする車の数割ほどは、広告掲載前に購入者が決まっているという情報もあります。

非公開車輌が豊富で、入力も1分程度だからかんたん。新古車・中古車探しなら【なびくる】 が今オススメ。


中古車販売店への買いたい車の登録はほぼ無料ですし、最近ではオークションを利用して車を購入する方々が増えているので、オークション手数料も依然と比較にならないほど安くなっています。

しかし!!中古車店への登録やオークションを利用して車を探し出せたとして、それをすこしでも安く買うにはどうすればいいか、知りたくはありませんか?そのようにお感じの方はどうぞ続きを読んでみてください。(新車 新型車 新古車 未使用車 中古車)これらを更に安く買うための方法をお教えいたします。

車買取査定をお考えの方は、できれば少しでも高額査定を望むものです。
しかし、今までの車売却の経験の中で、”こんなに高く買い取ってくれるの!!”と、思ったよりもはるかに高い買取額で査定をしてくれた業者はありましたか?
ほとんどの方はこの時点で10万円、いや、20万円以上を無駄にしてしまっている方がほとんどなのです。それはなぜか??

それでもまだ、ディーラーや大手買取店に査定を依頼しますか?


当然といえば当然ですが、ディーラーにしても名の通った車査定業者にしても、「少しでも安く車を査定して買取りたい」というのが本音です。相手はプロですから、こちらが納得してしまうようなデータを出してきて、買取額を低く抑えようとします。極端に言えば、相手の「言い値」で買い取られてしまう可能性が高くなるわけです。

たとえば一般的なところでは、「この車の買取相場は○○円です」こう言われてしまうとよほど距離を乗っていないとか、ボディーが傷ひとつなくキレイだ、などの付加価値がないと車を高く査定してもらうことはほとんど不可能です。(年式によっては、査定額ゼロなんていうことも)もしこれらの条件が当てはまっても、車買取業者の言われるがままになってしまい、せいぜい数万円の増額で納得せざるを得なくなってしまうこともよくあります。では、車を売ることに不慣れな一般の人が高額で愛車を手放すにはどうしたらいいのでしょう?

あきらめないで!あなたの愛車を高く買い取ってくれるお店が必ず見つかります!!


そこで、【車買取査定システム】の紹介をしたいと思います。
その前にまず、自分の車は走行距離が多いとかボディーに傷がある、または年式が古いから高くは売れない!?という先入観やあきらめは捨ててください。

ネットオークションという言葉になじみを感じる方も多いと思いますが、 車買取査定もこれと同じ方式で、車を欲しい人、必要としている人に売り込みをかけるのです。もちろん個人で車のオークションなどに参加するのは知識とノウハウの面で太刀打ちできませんが、ある業者の車買取査定システムを使えば、無料でしかもネットから簡単に買い取り査定をすることができます。あなたは最高額をつけて交渉に来た査定員と価格が折り合うかどうか話をするだけです。

これから数社の紹介をしますので、ご自分にいちばんあっている業者を選択し、車買取査定を申し込んでください。また、これらの業者が査定した買い取り価格が気に入らなければ車を手放す必要は まったくありません。希望の価格に達していないからということで断るだけです。この気軽さ・手軽さも車買取査定のメリットの一つです。

車買取や査定の難しい知識は一切必要ありませんので、車をすこしでも高く、ディーラーなどよりも少しでも高額に愛車を売りたい方は一度利用してみてください。

リスク無しで愛車を少しでも高く売りたい方にオススメ!!

What's New

2014/03/14
コラムを追加しました。
2014/02/20
コラムを追加しました。
2014/01/20
コラムを追加しました。
2013/09/11
コラムを追加しました。
2013/09/03
コラムを追加しました。
2013/08/09
コラムを追加しました。
2013/07/30
コラムを追加しました。
2013/07/17
コラムを追加しました。
2013/07/10
ページを追加しました。

↑ ページの上部へ